雑木林との付き合い方が少しわかりかけてきた

NO.110
2020/05/02~

半世紀近くもの長い間、じっと見ていると見えてくるものがあるものです。
勇払原野の目の前にある林は、萌芽再生林の跡地で、放置されて80年以上たつものでした。
その扱い方は、もともと放置しても時々炭材などに採取して来たものだったから、用立てするめども無くなったら、まだ決まった方法があるわけではなく、ヤブ山に戻るか、皮肉にもリゾートに改変されるしかなかったのです。

しかし、みるみる大木になって次第に風を受けて倒れていくのです。火山灰の上に生立した植生の宿命でもあります。

さて、どうするか。逃げるか。放置して見守るか。積極的に関わるか。
なんとか、3番目の道を選びたいと思います。


雑木林だより トップ
NPO苫東コモンズ トップ

雑木林&庭づくり研究室 home



“これも元気なうちだね”

2020/06/03 wed 晴 24℃
solo-work


育林コンペの風倒木を、暑くなる前に運び出さねばと画策していたところ、ようやく実現した。軽トラを借りて平木沼のゾーンから大島山林の広場に2往復。1か月分くらいはあるかもしれない。

正味1日もかからない仕事を、1,2時間ずつ小刻みに数回に分けて、まとまればこれだけになる。高齢者の薪ストーブライフはこれだ。

軽トラを借りに行ったら、焚き付けを造っていたSさんとのところに、奥さんが缶コーヒーを持ってきてくれた。疲れ知らずのSさんは86歳。奥さんは、「薪作りもいつかできなくなるね。これも元気なうちだね~」とポツリとおっしゃる。まさにわたしの実感でもある。


コモンズ休暇への転換

2020/05/30 sat 快晴 24℃
abe-e inaba kai kusa tomik & m migita wada seki = 9 persons

■山仕事から新里山生活モードへ


かつてJTBの国内旅行のヒット商品に、椎名誠などが同行する『山形休暇』なるものがあった。中身はどおってことないのだが、わたしが山形出身であること、そしてこのネーミングの意外性(なんで山形なの?という唐突さ)とトレンドをつかむ「うまさ」にわたしは唸った。ちょうど札幌の財団の研究所で、「生活見直し型観光とブランド形成」というテーマで研究会をしていたころだったせいもある。

実は10年前、このネーミングに惹かれて、月に一度、『苫東休日(休暇)』なるものをしていた。浜厚真の自然海岸や、落ち枝拾いや、いわば大人の遠足である。これからはもう一度、苫東休日とかコモンズ休暇、なるものもありうるのではないか…、仕事から風土に寄り添った休養・休暇への傾斜へ、というのがこの稿の論旨。

・・・・・・・・・・

リタイアして11か月、時間の使い方と日々の焦点が微妙に変化してきて、当然ながらわたしと勇払原野の苫東コモンズというフィールドは、「晴林雨読」ライフとして直結するようになってきた。まあ、このために働いてきたようなものだから当たり前だけれども、折も折、フィールドの修景を担うNPOメンバーの高齢化が現実のものとなっていて、作業の質と量を、大きく変換させる必要性が高まっていた。中心メンバーはほぼ70歳なのである。

思えば、担い手のウッディーズはよく働いてきた。わたしも気づいたら故障もちになっていた。なんの足しにもならない、誰に評価されるでもない役務をコツコツこなして、林は確実に気持ちの良いものに代わった。と同時に、丸太を薪という商品に仕上げて、活動資金と時々の飲み代に充ててきた。おいしいものを食べながらしばしば低廉な会費で歓談、懇親できるのも、薪を引き取ることなく地域通貨「コモンズ」を提供してくれた、いわばメンバーの好意(寄託)によるものだった。

で、そろそろ、その形態と別れる時が来たようだ。薪を対外的に分譲するのは来年春で止めることになる。いや、やめざるを得ないのである。薪は苫東ウッディーズとして役務を提供した薪ストーブ利用者(薪焚き人)が、働きに応じて受領する。

もし自宅の暖房に足りない場合は育林コンペや風倒木処理で自ら賄う。そして、分譲のノルマ感覚(義務感)から離れて、今までと違う余裕を創出するのである。その余裕は、どう使うか。それが新里山生活である。これなら細々とでも継続ができる。わたしはリタイヤを境に、故障の養生をしながら一足先にこのモードに入って、少しずつ風倒木を片づけ、集め、割って軒先などに積み始めた。

新里山生活とはつまり、四季の里山風景をもっとたっぷり時間をかけて愉しみ、当然、季節の山菜、鳥やその他の生き物、そこを行きかう人々とも交わって、かつ、コモンズ林業の担い手として、雑木林の修景間伐と丸太から薪生産する工程にゆるくかかわる。メンバーの好意に一部は甘える形にもなるが、相応に引き取って薪ストーブの暖房に消費させてもらう。

さてその山菜。リタイヤ後は折角だから水上勉の食エッセー『土を喰らう』に習って、山仕事と日常の合間合間に、丁寧に採ることができた。季節の「気」をいただくつもりで、フキノトウから始まって、アイヌネギ、アズキナ、スドキ、コシアブラ、フキ、コゴミ、ミツバと続いている。ワラビと浜ボーフー、サンショウ(葉、次に実)を採り終えたころに、いきなり、ハスカップに移るのである。イラクサやボンナ、タランボなどは採らなかった。さほどおいしいとは思わないし、それもやると山菜の焦点がぼやけてしまう。

■山仕事をゆるくする

長々と前書きをしていたら、方向転換の経過説明になった。

結論は、「年寄、半日仕事」を地で行こうというものである。もちろん、若い人やmigitaさんのようにパワーに余裕のある人は、9時5時でも、10時4時でもOK。実情に合わせていこうというもので、その実情というのが「加齢に伴う体力の衰え」である。

わたしなどは、NPOの野外活動はもう10時3時でいいのではないかと思う。かつ、その中や前後には、これまでどおり散策や山菜取りや森カフェでの歓談やお茶のみが介在してOKという、ゆるいゆるい里山生活である。土曜日以外でも1日か2日、林を歩いたり家で薪を割ったりするから、新里山生活にさいている時間は短くはないが、それが元気再生と癒しにもなっているのが特徴である。



また、わたしたちは、わずかな情報交換で、今この林で自分が何をすべきか、ピンとくる間柄になっている。wada さんは池のそばのアプローチにある、花の終わったフジザクラの、垂れた枝を落とし整頓した。通行の邪魔をするようになっていたからである。

migita さんはseki ちゃんとともに、シカの試験地の電気牧柵の付け替えを先週からやっている。牧柵の外にはずした萌芽のナラが、シカに食べられるのかどうかを観察するためのものだ。牧柵に草が触れると漏電を起こすから、刈り払いも怠らない。



わたしは広場からドロノキに向かう林道を刈った後、シンボルツリーのドロノキの周りの刈込モデルを創った。ドロノキや林道に繁茂するオオウバユリは、刈り払うと黒色に代わって風景を汚すので、右の写真のようにエッジを明確にして刈り残してほしい、とwada さんを通じて町内会の作業班に伝えてくれるよう、頼んだ。

■山仕事からワラビ採りへ

で、話は戻って、5月16日、スドキの採り頃から、山菜取りに半日を費やせるよう気持ちだけシフト変換した。23日も雨の中だったが午後は静川の小屋でコシアブラ採りが行われていた。このようにすることによって、わたしの場合はより強く季節が刻印される。山菜で知る、季節の一期一会である。

そして快晴の30日、仕事前の終期のスドキ採り、昼休み前後のミツバ採りが行われた。個人の自由だから、当然ながら、山菜に興味のない人は、薪割り、薪積み、刈り払いに就いていた。わたしはブッシュカッターを持ちながら、半農林半山菜と風景カメラマンだった。



この一日の締めくくりが柏原のワラビ採り。わたしは実は採ったことはないのだが、40年近く前にワラビが生えていたのは覚えていたので、希望者3名を連れて案内。幸い、ワラビは採り放題状態で、30分で1.5kgほど採った。帰宅後、これをオタマ一杯の木灰(苫東の雑木薪を燃やしたもの)で6分間茹でて、水にさらした。お隣のご夫婦に、先日の魚などのお礼に、ひとつかみ、持っていくつもりである


新緑のシャワーを浴びて

2020/05/26 tue 晴れ 18℃
am oyama & kusa    pm solo-work

これからの作業エリアを踏査する



大島山林の森づくりを担うわたしたちメンバーも高齢化した。また、保育の対象とするフットパス周辺の林の方も、一応片付いて一区切りを迎え、新たな段階に入る。

結論を急げば、これから保育のスピードは減速し、結果的に間伐材はさほど出てこなくなる。従って薪の生産も大幅減になる。この見通しを確認する意味で、oyama さんとこれからの保育エリアを歩いた。

除間伐と、突発的な風倒木処理を並行させながら、この秋から、8つの林小班を同時に手掛けていく方法に行きついた。作業テントも薪小屋のすぐそばに移動するので、作業条件は良くなる。これからは林道の刈り払いなど、利用管理に軸足を移していく。

薪会員への薪の分譲は来年春を最後とし、間伐作業に関わるメンバー用の薪は、合計8棚を最低でも生産し、おまけがでれば都度、個別に有償分譲になるだろう。

薪はできるだけ自賄いし、個人の薪棚(薪小屋1ユニット)を用意する。そこに育林コンペや平日の風倒処理木などをデポするのである。わたしは6月から試しに個人の薪棚を創る予定だ。

■新緑の絶景、そして新緑に染まる





初夏に入る前の新緑は日に日に変化して色も濃くなる。3日まえの土曜日はまだまだ大人しい色合いだったのが、今日は広場の雰囲気も一変した。

午後、育林コンペの伐倒木を玉切りするために静川に向かったら、もう気温は15℃を超え、とてもチェンソーを扱う温度ではないと感じる。汗をかかないよう、ゆっくり動いて終わったが、軽トラで3台分くらいあるのではないか。

これを大島山林の広場に運び、夏、ひとりで割って積むつもり。本来の薪自賄いのスタイルに近づくのは喜ばしいが、あいにく股関節の痛みを考えると作業はせいぜい平日の1日に2時間ほどにしたい。これなら死ぬまで薪ストーブライフを楽しめるのではないだろうか。

小屋の前の林床を歩くと、ドングリの実生が1㎡に2つから6つ、7つ見つかり、うれしくなる。シカかの試験地もそうだったが、萌芽が不調でも実生の更新が期待できる。イタヤやモミジも、そして、シラカバもほぼ同じように見つかる。

スドキの種を試験的に挿し木したのは今から3,4年前の晩秋だった。少しずつ、増えていたのが今季はどんと拡大した。スドキの伝播の速さには驚く。今年も収穫しないで種を飛ばしたい。この増殖を教えてくれた厚真のSさんはさすがだ。わたしにとっては勇払原野の先生だった。先生はこの春、家族の津波避難用に、高台に小屋を完成して薪を積んだ。


感動を伝えるには光と撮影の技術が要ることを痛感

2020/05/23 sat 10℃
inaba kai kusa tomik & m migita seki = 7 persons

動画撮影はやはり難しい




一昨年から、記念誌用の画像をコツコツと収録しており、今回は勇払原野の雑木林を知らない人に一番お見せしたい新緑の動画と静止画像を撮るために、午前は遠浅、午後は静川に足を運んだ。

折からの霧雨が、本降りに近い雨となって、唯一の機材であるデジカメも濡れるので、落ち着かない撮影だった。光線の塩梅も今一つだったが、本格的な機材の不足も痛感した。わたしはいつも間に合わせだ。

仕事でプロと同伴すると、ビデオカメラはもちろん、歩くときに安定させるスタビライザーのような、ジャイロが内装されているようなスグレモノがあって、手振れがひどくなくなり、基本、パノラマを撮るためのスパンの際も手抜きしないで三脚を使い、よどみない。こちらはいつもデジカメ一つとはいえ、今日はどれもこれもうまくいかず終わった。感動を伝える技術は当方にはゼロであることを痛感した。

■シカの試験地の電牧移動打ち合わせ


見事に天然更新が進んでいるシカの食害試験地だが、萌芽も実生による更新も、そして予想外のシラカバの侵入もうまくいくことがわかったので、次の段階は牧柵を撤去した場合のシカの行動である。

そこで写真右上の点線の角に電牧を移動してみたいと思う。その一角には写真左下のような豪勢なナラの萌芽枝が繁茂しているが、もしエゾシカがナラの新梢をとてつもなく好むのであれば、電牧移動してほどなくして食害にあうはずだ。

それを確かめるために、雨の中、migita さんに立ち会ってもらう。折から、バッテリーが古くなって電気が通じなくなったため、ほぼ新品を購入して装着した。

地味な仕事だが、何につけメンテは大事だ。仕事に入る前も、薪割り機が不調で黒煙をはくので、tomik さんが見てくれたがどうもキャブレターのエアフィルターが目詰まりしているようだ。外して運転すると快調にトルクも上がり煙も出ないから、ほぼ間違いない。これもまず、migita さんの作業小屋に持ち帰りエアコンプレッサーのようなものでゴミをとり当座をしのいだが、いずれ、ユニットで交換の必要がある。

■コモンズが本来持っている悩み

雑木林は先週と今週が春の山菜の好機だが、例年、地元の人は驚くほど採りに来ない。それでもオバサン数人が来ていたようだ。昨年だったかも、沼ノ端のオバサン数人が、ヨモギ採りに来ていて、聞くと、ここはホコリをかぶっていなくてきれいだから、と言っていた。ヨモギは冷凍して正月にも使うのだという。

コモンズの林は遠浅や静川に限らず、苫東コモンズが保育管理を進めて、フリーアクセスのもとで近隣の市民町民みんなが利用できる「共有」を目指すわけだが、人間の「独占」願望との葛藤はある。

ハスカップもキノコも然り、だから人々は自分だけの秘密の場所を見つけ、先んじて誰かに採られないか、一喜一憂するのが常だ。泰然と、心穏やかに季節の恵みを味わうためには、少量でも満足できる、足るを知る聖人のような心持ちが要ることになるが、実際は供給過剰、採ってもとってもなくならないのが、北海道のいいところだ。

大きな人口をかかえる札幌の人がスドキを知らず、北海道人の多くがコシアブラのおいしさに目覚めていないのは、その点、とてもいいことだ。今のままだと死ぬまで焦る必要がない。安心だ。

広大な苫東コモンズだが、地域の人々の往来はずいぶん偏りがある。キノコとシカの狩猟時が最も混むだろうか。この日も、小屋周辺に車が3台来てたよ、と知人から聞いたが、それはコシアブラ採りのinabaさんたち一行であった。かくも手つかずの地である。


広場でアカエゾを割る、子らはのびのび遊ぶ

2020/05/19 tue 晴れ 10℃

とてつもなく恵まれた空地


5/19 はアカエゾマツを割って自宅へ運んだ。薪ヤードが美しい。
先週、コシアブラのように見えた小さなふくらみを作業の後に見に行くと、なんとクルミだった。不覚!



遠浅の団地の子供たちは積んだ薪棚でかくれんぼと水鉄砲遊びを。なるほど、恰好の遊び場だ。

そういえば、丸太をうずたかく無造作に積んでいた10年近く前、丸太はいつの間にか適当に移動され、秘密基地づくりをしていた。



この日、水鉄砲に飽きた子ら5人は、やがて、薪小屋の屋根に昇り、走る子もいた。興奮する気持ちはわかる。その中の一番大きい子に、(気持ちは、こらあ、、、)

わたし「走るんじゃないよ。それと透明な白い屋根は割れるから乗るんじゃないよ」
子ども「うん、この前、そう言ってたしょ」

そういえば、あの子に面白いところあるからおいで、と屋根の上の展望をそっと教えたのはわたしだった。屋根の上は子供心に別世界だったことを思い出したのだった。危険だから、あまり大きな声で言えないけれど。



“今日は山菜採りを楽しもう”

2020/05/16 sat 10℃ 曇り、朝夕霧雨
abe-e inaba oyama kusa kuri tomik & m migita = 8 persons


■季節を祝う「春祭り」


毎年巡る季節だが、人も自然も世の中も変わって、毎年同じではない。今だけの一日を存分に楽しもうというのは、なかなかできることではない。しかし、心がけひとつでそれは可能になる。それが季節の変わり目を祭り化することだった。



新緑が始まるころの春祭り、初霜が降りていよいよ紅葉も本格化するころの秋祭り、雑木林がキリリとたくましく見える冬まつり、元気な時はこのみっつを三大祭りと称して山小屋で一人で祝ったものだった。そう何でもない、連続する毎日にちょっと区切りをつけるだけでそれができるのだから、余裕がたっぷりある今、それをしない手はない。

北欧の人々の自然との付き合いにその原型のようなものがある。もっともっと大げさに祝うのである。特に春。長く暗い冬を潜り抜けた日差しは、祝いの対象になる。冬至はこれから日が長くなる境目なので、それも祝う。北海道は日本の中で唯一、北欧に近いので、そこに住むわたしたちは北欧の感覚がすこし通じるのかもしれない。

一方、夏の訪れは目まぐるしくて夏祭りをする余裕がなかった。いつの間にか、夏になるし、虫も邪魔する。

5月中旬は、特に、土から気をいただく山菜の好機。だから前日から「明日は山菜にしよう」と掲示板で呼びかけたのだった。これは来週も楽しめる。そろそろ、コシアブラが出てワラビも顔を出さないか。




頃合いとすれば、まずスドキ、そしてミツバ、コゴミ、フキである。量の多少はともかく、色々な山菜を、雑木林の新緑の風景を見ながら採る、という幸せは何物にも代えがたい。だから、あとで始末に困るような量を目指しては絶対にいけない。

昼前から軽トラにカケヤを積んで、フットパスサインの倒れたもの、揺らいでいるものを補修しながら春の見回りも兼ねる。大きなサクラスミレ、花が咲く前のツクバネソウが見つかる。



ウグイス、キジバトの声に交じってセンダイムシクイが聞こえる。アオジらしい鳴き声も届いた。カッコウもあったか、・・・おぼろだ。ゴジュウカラのペアは目の前の幹で逃げもせず、上下左右に動く。アカゲラもかなり近くで観察できるし、tomim さんはキビタキと出会ったと言っていた。さすがの春。

そういえば、昨日の早朝、窓辺でゴンと少し大きな音がしたので窓の下を覗くと、青い鳥が羽を広げてうずくまっていた。背中しか見えなかったが、どうもコルリのようだ。日中、このあたりでは全く見ない、森林の鳥なのに。10分後には羽を閉じて、30分後にはもういなかった。毎朝、軒先をクルージングする猫の餌食にならないで、羽ばたいてくれたことを祈った。ものみな、本格始動を始める春は、ともかくありがたい。

■森に向かう樹木のエネルギー



シカの食害試験地に行ってみると、そこは一面シラカバの天然更新あとであった。当初目立ったコブシ(ヘクタールに換算すると12,000本の密度)ももちろんあるが、それをはるかにしのぐ密度だ。シラカバの天然更新地ではしばしば20,000本/ha を超えるがそれに近いのではないか。

それらがワーと一斉に伸び始めている。おととしの調査時には予想できない光景で、2年後には向こう側が見えなくなる。ナラの実生や萌芽もあるのだから、その多様性とボリューム、そして森に向かうスピードは、さすがだ。パワーがみなぎっていて、見方によればパワースポットになる。だがこれが普通の自然の姿であり、餌を求めたシカ集団は、電気牧柵のバリアーがなければ、これを根こそぎにする可能性がある。

その可能性は実際、あるのか、ないのか、途中で電気牧柵を半分か1/4 だけ外してみたい。来週、挑戦してみよう。どうなるだろうか。

■薪割り



今日、一日を山菜に振り向けることができたのも、わたしたちの力量にあった作業に替えてこれたから、である。あと一日で薪割りは終わり、同時にあと2日で薪積みも終わる。そこに先が見えた喜びがある。何しろ、わたしたちのほとんどが前期高齢者で年金生活者だ。

さすがに若いkuri ちゃんや、スドキが自生する裏山を持っているabe-e さんは山菜に食指を動かさないが、この時間の送り方、スタイルはいいのではないか。コロナ後の「新常態」とはこれだ、と言いたい。こんなペースなら75歳まで現役続行は大丈夫ではないか。

風が寒くなったころ、持て余し気味のアカエゾマツの焚き付けづくりが始まった。薪割り機でも割りにくくはかどらない。堅木(広葉樹)のようにパチンと割れないから、長さ35cmすべてにムグムグと圧をかけざるを得ない。従って一つ割るためのサイクルタイムが長い。マサカリで割っていたら大変だ。薪としてのアカエゾマツはここでも嫌われる。


夫婦で丸太運搬

2020/05/14 thu 20℃
kusa-pair

薪の終盤




今年の秋から焚く薪のほとんどは5月4日にタウンエース・トラック4往復で運搬を終えたが、さらに昨年秋から育林コンペで細々と玉切りしてきた風倒木と間伐の丸太を、知人の軽トラックを借りて家人と運搬。これから夏にかけてマサカリで割る予定。

昨年のメモをみると、11/12 、11/20 、12/5、 12/17 、12/25 と合計5回通っていたが、持病の股関節痛を抱えての作業で、痛々しい泣き言満載だった。各回とも1,2時間だから正味の作業時間はせいぜい8~9時間、実働の人工で言えば1.5人工といったところか。

軽トラックにコンパネを立て、写真の倍くらいの高さに積んでシートをかけ、ロープも張った。降ろした結果が右の写真。まだ現場に残っているので、ざっくり言えば、1.5日の現地作業で、1.5~2.0立方mこなしている勘定。体調万全なら、2棚を3日で玉切りまでできるだろう。

そして運搬は軽トラックで恐らく5往復。チンタラやれば苦にならない作業量だ。つまり、放置された広葉樹林では、薪資源は無尽蔵だということだ。抜き切りした形跡もほとんど感じない。風倒木を片づけながらやるだけで、雑木林は確実にシェープアップされていく。

頼りになるのはやはり軽トラだ。4日にレンタルしたタウンエース・トラックは積載量は多くオートマで楽だが、木と木の間が狭いと林に入っていけない。今回も軽トラでぎりぎりだったから、これからのミニ伐採では、やはり軽トラに軍配が上がる。

また、この日の作業は当然一人でやるつもりだったが、前夜になって家人が「わたしもやる」となんだか憐みの眼差しでサポート宣言した。2度ほど断ったが無理だった。結局、手伝ってもらって正解だった。次回からは積極的におだてて手伝ってもらおう。

■森カフェ



素晴らしい日和だったので、小屋のテーブルを出して新緑前の林を記録した。森カフェとはよく言ったもの、飲み物などなくても里山風景と一体になれる。家人は東京で働く娘に現場で画像を送っていたが、即、すごくいいね、と返事が来たと言っていた。沖縄の森カフェと比べてもらいたいものだ。

わたしはひとり軽トラを返却した後、大島山林に寄って、アカエゾマツを薪割り機で割ってプリウスに積んだ。どうも、ただでサービスするよと言っているのにアカエゾマツの売れ行きは悪く、それならば、と少しずつわたしが引き取ろうと思う。今年玉切りしたのにもうかなり軽くなっているから燃え方は想像がつくが、異形の薪も含めて余すところなく使うのがエコライフの流儀。現場をきれいに片づけるつもりで、こつこつとプリウスを使って運ぼう。

カーポートの脇に積むと、隣家のジャガーのスポーツカーとの対比が面白い。まるでお金の余っている人と、とことん資源を使い切るつましい節約家みたいな。


薪はこれからどう確保すればいいのか

2020/05/09 sat 晴 16℃
abe-e inaba kai kusa tomik & m migita wada seki = 9 persons

憧れを現実にするための方策



毎年やってくるコブシと桜の静かな饗宴  そこで8人、1時間で2棚を積み込む

先週からコブシが咲き始め、今週はサクラとともにピークになった。晴れ渡ったその善き日に、新札幌と江別の薪会員に5.4立方メートルずつ2回、薪を運び入れた。トヨタのレンタカーで2トン車のロングにさらりと積むと、ちょうど満杯になる。


Tさんの薪棚 まだ残りアリ       Fさんのガレージ。89歳が一日で積み直すという

事故や居眠り運転の記憶から、わたしは運転に自信を失いかけていて、この2トン車での運搬も実はここ3,4年辞退したかった。tuzukiさんやabe-b さんがいたときは運転は代わってもらいわたしは営業マンをして良かったが、このごろそうもいかなくなった。

そんなわけで、今回は配達は今年で最後、というメッセージも伝えるちょっと重たい役目もこなさねばならなかった。幸い、午前に伺った厚別のTさんも、午後のFさんも「ついに来たか」という受け止め方で、これには肩の荷が下りた。

実際、①遠すぎないどこかから、②いかに乾いた、③ナラの良く混じった(できれば針葉樹でなく)、④しかも高くない単価で、⑤安定的に、供給を受けるかはなかなか至難なのである。その点で苫東コモンズは口コミで森好きに広まり、多々、お断りしながら現在の分譲規模と形態になったが、乾燥度、値段、広葉樹のミックス度合いでは、申し分ない質に近づいてきた。

■解決への道

今、問題はふたつ。一つは供給側で、間伐・伐倒・搬出・薪割り・薪積みの全工程が、高齢化とともにきつくなってきた。もちろん運搬もである。また、その年の間伐のエリアの特長で、薪に適した材質と量を確保できないときも出てくる。かたや、NPOは財務的には安定しているから、がむしゃらに稼ぐ必要がない。

自然の流れで行けば、身の丈にあった間伐面積となるので、薪生産量は減り、分譲数は少なくなっていかざるを得ない。それをカバーするためには、縁故と情報をつないで、苫東内の不要になった材を入手すること、などがあげられ、欲張れば買い取ることも考えられるが、そうすれば身近な林を手入れし、間伐した材を利用するという本来の目的が逆転してしまう。わたしたちは薪屋さんではない。

もう一つは入手する側だ。もっとも簡単なことは、薪屋さんから購入することだ。乾燥が今一つかもしれないし、単価は1.3倍から1.5倍になるかもしれないが、背に腹は代えられない。時にはカラマツでも仕方がない。つまり、お金で解決だ。

近所のお医者さんの薪棚は、毎年、ナラ薪だけが並び、この3月の末にも残り少なくなっていた薪棚が4月の頭には再びナラ薪がきれいに積んであった。まさにこれだ。業者に供給だけでなく積んでいってもらう。

薪の思い出と今

しかし、これでは薪ストーブを焚く愉しみの7割を捨てている、とわたしなどは考える。できるだけ自賄するのが、カッコよく言えば薪暮らしの流儀だと思いたい。わたしは自宅を薪ストーブにしてまだ年月は浅いが、薪ストーブの付き合いは、随分と長い気がする。というのは、学生時代の山のクラブが、北大が所有する山小屋二つ(手稲のパラダイスヒュッテと奥手稲の山の家)を管理していて、土日の山小屋管理人は部員が交代で務めねばならなかった。北大の学生部から1泊2日で1500円ほどの管理手当(交通費、日当込み)がでた。小屋版の仕事は、客よりストーブの世話だった。

貧乏だが暇があったわたしなどは、時々この山小屋の番人となって薪を割ったり、薪ストーブの世話をしていた。冬も含め精力的に山に登っていたから、そうなると結果的には、学生時代は年間100日から150日、山や森の中にいることになった。ただ、山小屋の管理といっても楽でない。冬の奥手稲小屋に至っては、手稲のオリンピック男子大回転コースの基部からでも、スキーにシールを張って急斜面を昇り、3時間近くかかる。雪崩も起こるところだ。それにひとりで泊まれば幽霊のうわさも思い出す。

平成9年に静川にログハウスができてからは、薪ストーブは完全自賄となって、自給自足に入った。必然的に、薪ストーブの付き合いはかなり長くなる。ウラヤマ的、里山的な日々はここで本格的に学んだ。チェンソーの扱いもここで試行錯誤した。ふたつめの前置きが長くなったが、2番目の解決方法は自分で山を持つか、自由にできる林を借り受けて自賄に突入することである。

従って最後の手段はどこへ行くかといえば、言わずと知れた「育林コンペ方式」である。薪会員への供給をやめる頃は、基本、自分の薪は自分で用意する態勢に戻るだろう。薪を焚かないメンバーが作ってくれた薪と、自分の働きの余剰分が分譲に回されてきたが、分譲分が急激に次第に先細っっていくのは、そう遠くない。

事態はそんなところにある。薪生活は、実はユルクナイのである。だから、金のある人は金を有効に使うべし。薪の基本は自賄。ノルウェーの名著『薪を焚く』は、その辺の蘊蓄が満載で、だからか、少し北国のペーソスが漂う。悲しい覚悟、みたいな。

ただ、自賄とはひとりに限らない。ファミリーの役務だ。古い人なら、みんな薪割りや薪積みを手伝わされた思い出を持っており、近年、大島山林の薪ヤードにくる人たちも夫婦や親子という家族単位になっている。k家族で最も力のある人が木を伐り運び、2番手は薪割りに参加し、小学生あたりは薪積みもする。薪の恩恵にあずかる子供から大人まで、薪の手伝いなら仕方ない、と重い腰を上げるのである。


早くも2020年冬用の薪、自宅へ運ぶ

2020/05/04 mon 曇り、霧、雨
kusa & wife

■tuzuki さんが訪問



家人と朝の8時からレンタカーで薪運搬。2往復目の昼近く、遠くから見たことのある歩き方の男性が近づいてきた。ニコニコしていたのは2年ほど前に愛知県に転勤になった会員OBのtuzukiさんだった。

きわめて元気で、向こうでも薪を焚いているらしい。taichiくんも高校2年になって元気にやっていると。今回の帰省で、自宅にストックしてある薪を持って帰るのだとか。向こうでは薪ストーブの家が増えているようで、しかしまともな薪を手に入れるのは至難のようだ。今でも山仕事をしたい様子だったのが、当方には少しもったいなく映る。

■積載750kgのタウンエーストラックで4往復



1週間前まで薪を焚いていて、薪小屋や軒先の薪スペースがほぼ空になったばかりなのに、なぜか気がせくもので小さなトラック(軽ではなく)をレンタルして、自宅へ薪運搬。やはりいつもの薪会員と同じく、家族総出(と言っても夫婦二人だが)である。

2棚5.4立方mを3往復では終わらなかった。結局、レンタル店の閉店直前の午後6時半に車を返却した。250km以上の走行。家人は、薪小屋に薪を積むよりは楽だという。普段、半日仕事、と言っているのに、レンタルではつい頑張ってしまう。

この頃、薪ストーブ愛好家との間で、何歳まで薪ストーブやれるだろうか、ということが話題になる。最後は買って薪小屋前に届けてもらえば済むので、現在の、伐採届、伐採木選定、伐倒、玉切り、やぶ出し搬出、薪割り、薪積み、シートかけ、積み込み・運搬・積み下ろし、という一連の作業をひとつずつやめていけばよいのだが、満足度の高い薪ライフのためには、できるだけ関わりを多くしたいもの。

ところで今回入手した薪は、1棚がおととしの春、もう1棚は昨年の春に割ったもので、いずれも十分乾いている。しかし、おととしの「コニャックレベル」の極上薪はかなりキノコが生えていた。ぼけてはいないが、燃えすぎる可能性あり。

帰宅したころから雨になり、折角の薪が濡れてしまった。少し乾かしてから積むのに2日を覚悟した。

フキノトウ、アイヌネギ、そしてアズキナ

2020/05/02 sat 曇り時々晴れ 空は黄砂か 12℃くらい
abe-e kai kusa wada migita seki + saitoh-pair = 8 persons

今年の山菜賞味予定




4月16日の「日々の迷想」に今年の希望的山菜賞味の予定を次のように書きました。

…「フキノトウ、アイヌネギと続きましたので、これからスドキ、コシアブラ、ワラビ、コゴミ、ミツバ、ウド、山椒あたりでいったん足踏みし、ハスカップ摘みで春から初夏の季節を食べる道楽が一段落します。


実はこの間に、写真のアズキナがあるのを忘れていました。決して熱烈なファンがいるわけではありませんが、茹でたときのほのかな小豆の香りに、春の到来を嗅ぎ取るのです。今日も家人と小鉢一杯分のおひたしにと、手のひら分、いただきました。

■広場にテーブルを移動



もう、暖を採る日は過ぎたようです。新型コロナの三密を避けるためにも、これからしばらく食事は外か車中で、となります。薪会員のsaitoh ご夫妻の手が空いたようなので、テントからテーブルと椅子セットの移動を手伝ってもらいました。

そしてこの秋には、そのあたりにブルーテントを移設し、写真右のあたりに新しい本拠地を構えることになります。落ち枝事故を気にしなくていいところで、平坦で、薪小屋にも近いところ、ということになると自ずと場所は決まってきます。

この機会に、大島山林のこれからの管理の方法も大所高所からと、きわめて現実的な面からと、両方から考える必要があり、なんとか次の世代にスムーズにつないでいける道も探してみたいものです。

今日もドクターkai に感染予防を厳しく指導されながら(笑い)、①薪割りと薪積み、②湿地沿いのコブシ丸太運搬、③広場縁辺の薪材追加伐採(wadaさん)、などを粛々と進めました。